ホーム  > 総合情報 > センター長挨拶

  • センター長挨拶センター長挨拶
  • 組織図組織図
  • 業務業務
  •  教育・研究プロジェクト 教育・研究プロジェクト
  • 施設・設備施設・設備

総合情報

九州大学薬学部臨床薬学教育センター長  家入 一郎

九州大学薬学部臨床薬学教育センター長
家入 一郎

平成22年度4月より九州大学薬学部臨床薬学教育センターが正式に開設する運びとなりました。臨床薬学科学生の実務実習事前教育、病院・薬局実務実習支援を1つの主なミッションとします。そのため、センター内には調剤実習室、TDM実習室、服薬指導室、DI室、無菌製剤室、注射剤室、講義室、セミナー室が整備されており、設置機器、ソフトなどその充実度は全国でもとトップクラスを誇ります。

現在、4名の教員 (教授1(併任)、准教授2、助教1)が配置されており、薬剤師業務、支援業務に加え、県薬剤師会、市薬剤師会、調整機構等への参画などに携わっています。

約20年前に薬学部の大学院が重点化された際、九州大学も医療系講座の充実が図られました。当時、医学部や診療科と薬学部が薬物療法に関する共同研究を行い、その知見を学会報告や論文化することは極めて珍しい時代でした。九州大学大学院薬学研究科は重点化前より、いち早く臨床系講座を病院薬剤部内に置き、この珍しかった共同研究を数多く推進してきた歴史があり、医療薬学(同時は病院薬学などと呼ばれていました)の牽引を担ってきました。これらの業績がその後の重点化の、また、全国に医療薬学の必要性が認識されるきっかけとなりました。このような歴史を背景に、設備的に充実した臨床薬学教育センターが設置されたことは、理想通りのスタートがきれたと言えます。

臨床薬学教育センターの最も良い利点は、九州大学病院の中にあることです。ウエストウイング(旧東病棟)の4階にあり、まさに臨床現場の真ん中と言えます。九州大学病院は特定機能病院であることから、高度な先端医療の提供が義務付けられる一方で、トランスレーショナル事業拠点(高度先進医療センターや先端医療イノベーションセンター)として、治験や臨床研究を推進する役割も有します。薬学研究院には、薬学の専門家として、こうしたミッションへの参画が強く望まれています。一方、平成24年度には創薬科学専攻、臨床薬学専攻に(後期)博士課程が設置されます。創薬研究/治験/臨床研究/医薬品適正使用と薬学が今まで培ってきた知識や技術を総合的に有した新世代の薬学者、薬剤師が世に出ようとしています。このような時期に、臨床薬学教育センターがその恵まれた環境を生かし、地域の医療関係者のご協力を仰ぎながら、中心的な研究・教育の役割を果たしていくことが真に充実した臨床薬学教育センターに繋がると確信しています。

皆様方のご協力やご支援をお願いする次第です。

ページのトップへページのトップへ